スポンサーリンク

Google Tag Manager(タグマネージャ)とは

Google Tag Manager(タグマネージャ)とは、名前の通りタグをマネージメントする、つまりタグを管理するGoogleが提供してくれるツールのことです。と、簡単に書きましたが、これだけではよくわからない方もいらっしゃると思いますからもう少し詳しく具体的に紹介します。

例えば、当サイトの主題であるGoogle Analyticsでアクセス解析を行う際には、アクセス解析を行うサイトのすべてのページに、Google Analytics発行のコードを埋め込みますよね。そういったコードなどを管理するためのツールがGoogle Tag Managerです。

では、具体的にGoogle Tag Managerで何をするかというと、予め全てのページにGoogle Tag Managerが発行するコードを埋め込んでおきます。そして管理画面で、その部分に埋め込むコードやタグの設定をすると、ユーザーがページにアクセスした際に設定したコードが発行されることになります。

このGoogle Tag Managerの何が便利かというと、管理画面ですべてのタグの管理ができるということです。しかもページごとに設定できますから、例えばGoogle Analyticsのコードがページによって違う場合なども、ページに埋め込むコードは最低限の共通のもので済み、発行するコードは管理画面でページによって変えられるわけですから便利ですよね。

また、アフィリエイトサイトなどの場合は、広告のコードを発行するなんてやり方もありますよね。Google Tag Managerはアイディア次第で本当にいろいろな使い方ができると思われる超便利ツールです。

すでに大量のページがあり、全てが整っているサイトでは手間を考えると微妙ですが、今からページを増やしていろいろとやっていきたいという方にはかなりお勧めのツールだと思います。

Google Tag Manager

お役立ち無料ツールトップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ