Google Analyticsの滞在時間とは

Google Analyticsの滞在時間とは純粋な滞在時間ではない

サイトの滞在時間と聞くと、普通は訪問者がサイトを訪れて離脱するまでの時間と考えますよね。ところがGoogle Analytics(ユニバーサル アナリティクス)でいう滞在時間はそうではないのです。

仮に訪問者がAというページを訪れ10分滞在し、そのまま離脱したとします。するとGoogle Analyticsで計測される滞在時間は0秒ということになります。不思議な話ですよね。その理由を今から説明します。

Google Analyticsの滞在時間とは

Google Analyticsで示されているの滞在時間とは、計測しているサイトのあるページを訪れた瞬間から同じサイト内の次のページを訪れた瞬間までの時間のことです。ですから、訪問したページ(ランディングページ)を見ただけで訪問者が離脱してしまった場合は、次のページに移動していませんから滞在時間は0秒となってしまうのです。

例えばある訪問者が、Aページを1分、Bページを30秒、Cページを2分閲覧した後離脱したとします。するとこの訪問者の滞在時間は3分30秒ではなく1分30秒と計測されます。

しかしある訪問者が、Aページを2分、Bページを30秒、Cページを30秒閲覧した後離脱した場合、本当の滞在時間は上の例と同じ3分30秒なのに、計測結果では2分30秒となります。

これがGoogle Analyticsの滞在時間ですので、純粋な滞在時間とは異なることを理解しておきましょう。

基本用語トップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ