スポンサーリンク

Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)への検索エンジンの追加について

なぜGoogle Analyticsに検索エンジンを追加登録する必要があるのか

Google Analyticsに検索エンジンを追加登録すべき理由は簡単です。それはあなたのサイトにやって来た訪問者が、どんな検索ワードでやって来たのかということをより正確に把握するためです。

どういうことかというと、例えばGoogleやBingなどの大手の検索エンジンであれば、Google Analyticsではそれを検索エンジンと認識していますから、GoogleやBingなで検索してあなたのサイトにやって来た場合は検索からの流入と判断し、その訪問者の検索ワードはオーガニック検索ワードとして反映されます。

しかし日本独自の検索エンジンの場合、それをGoogle Analyticsが検索エンジンとして認識していませんから、それらの訪問者は参照サイトからの訪問として扱われ、当然オーガニック検索に検索ワードが反映されることもありません。

ですから日本独自の検索エンジンも追加することで、あなたのサイトにやって来た訪問者が検索したワードをオーガニック検索に反映させ、より正確に検索ワードを把握しようということです。

Google Analyticsに検索エンジンを追加登録する具体的作業手順

ここでは登録の例として下の検索エンジンを追加登録してみます。

  • 検索エンジン名:hao123
  • ドメイン名に次を含む:hao123.com
  • クエリパラメーター:query

まずは Google Analytics にログインして、画面上部の「アナリティクス設定」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

検索エンジンを追加したい「アカウント」と「プロパティ」を選択したのち、「トラッキング情報」をクリックします。

検索エンジン追加画面画像

「トラッキング情報」メニューが表示されますから、その中から「オーガニック検索ソース」をクリックします。

検索エンジン追加定画面画像

すると「オーガニック検索ソース」画面が表示されますから、「検索エンジンを追加」をクリックします。

検索エンジン追加定画面画像

表示された画面に必要事項を記入します。

検索エンジン追加定画面画像
  • 検索エンジン名:hao123(好きな名前でも入力しなくても大丈夫です。)
  • ドメイン名に次を含む:hao123.com
  • クエリパラメーター:query
  • パス:入力しなくても大丈夫です。

すべて入力したら「作成」をクリックします。これで「hao123.com」の登録作業は終了です。

再びアナリティクス設定のウィンドウに戻り、「完了」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

そして表示されたプロパティ設定画面の「保存」をクリックして連携作業は終了です。

正しく連携することができたかどうか確認するためには、連携したプロパティのビューを開き、「集客」の項目の「検索クエリ」を確認してみましょう。正しく連携できていれば、Search Consoleの内容が表示されています。

基本操作トップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ