スポンサーリンク

Search ConsoleとGoogle Analyticsとの連携について

Search Console(ウェブマスターツール)とGoogle Analyticsを連携するメリット

Search ConsoleとGoogle Analyticsを連携するメリットは専門的にはいろいろとあるのかもしれませんが、私が思う連携・連動の大きなメリットは、「not provided」と表示されていて確認できない流入検索ワードの緩和・解消です。

この「not provided」と表示されているのは、検索者がGoogleアカウントでログインした状態で検索している場合、プライバシーの保護の為に検索ワードが取得できないというワードです。Search Consoleの検索クエリでは、クリック数も表示されますから、どのワードで自分のサイトがクリックされているのかということがより明確にわかります。もっとも、普通にSearch Consoleを利用すればそれはわかることなのですが、Google Analyticsだけで確認できた方が便利ですよね。といっても、Search Consoleでしかできないこともありますから、そこはお忘れなく。

Search ConsoleとGoogle Analyticsを連携・連動する具体的作業手順

※Search Console(旧ウェブマスターツール)とGoogle Analyticsを連携するためには、Search Consoleのアカウントを取得してサイトを追加しておく必要がありますので、まだその作業を行っていない方はまずはSearch Consoleのアカウント取得とサイトの追加を先に行いましょう。
Search Console(旧ウェブマスターツール)の導入手順

まずは Google Analytics にログインして、画面上部の「アナリティクス設定」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

Search Consoleと連携したい「アカウント」と「プロパティ」を選択したのち、「すべての商品」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

表示された画面を下の方にスクロールすると「Search Console」がありますから、「Search Console とリンク」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

「完了」をクリックすると「プロパティ設定」の画面が表示されますから、「Search Console を調整」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

別ウィンドウで表示された画面で「編集」をクリックするとSearch Consoleに登録してあるURLの一覧が表示されますから、連携したいURLにチェックを入れて「保存」をクリックし、次に表示されたポップアップウィンドウの「OK」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

再びアナリティクス設定のウィンドウに戻り、「完了」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

そして表示されたプロパティ設定画面の「保存」をクリックして連携作業は終了です。

正しく連携することができたかどうか確認するためには、連携したプロパティのビューを開き、「集客」の項目の「検索クエリ」を確認してみましょう。正しく連携できていれば、Search Consoleの内容が表示されています。

基本操作トップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ