スポンサーリンク

Google Analyticsでの到達ページのコンバージョン設定について

到達ページをコンバージョンに設定するとは

あなたのサイトが、あるページが表示された時点でサイトの目的が達成されるというサイトであれば、Google Analyticsの、コンバージョン設定では到達ページを設定しましょう。

例えばあなたのサイトが、問い合わせのページから問い合わせしてもらうことが目的のサイトだったとすると、問い合わせ後に表示される「お問い合わせありがとうございました。」といったページが表示されれば目的が完了したことになります。ということは、その「お問い合わせありがとうございました。」と表示されるページを到達ページとして設定するということになります。

Google Analyticsに到達ページをコンバージョンに設定する具体的作業手順・やり方

まずはGoogle Analyticsにログインし、上部の「アナリティクス設定」をクリックした後、コンバージョンを設定したいサイトの「アカウント」「プロパティ」「ビュー」を選択し。「目標」をクリックします。

アナリティクス設定画面画像

次に表示された画面の「新しい目標」をクリックします。

コンバージョン設定画面画像

「名前」に任意の目標名を記入し、「到達ページ」にチェックを入れた後、「続行」をクリックします。

コンバージョン設定画面画像

次に表示されたページで「到達ページ」に設定するページのURLを記入します。その際、http://~始まる全てのURLを記入しても大丈夫なようですが、Google側が推奨しているように、例えば指定したいページのアドレスが、http://sample.com/thankyou.htmlの場合は「/thankyou.html」と記入しましょう。注意点としては、到達ページに指定しているページにもGoogle Analyticsのトラッキングコードを貼り付けている必要があります。最後に「保存」をクリックします。

コンバージョン設定画面画像

これで到達ページを目標とする基本的なコンバージョン設定は完了です。本来はもっと複雑な設定ができるのですが、とりあえずはこれだけやっておくだけでも違うと思います。もっと細かい設定は別ページで紹介します。

基本操作トップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ