スポンサーリンク

Google Analyticsで思い通りの解析結果を得る基本的な設定と操作法

Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)のアカウントを作成し、トラッキングコードを取得し、アクセス解析したいページに設置してアップロードし実装及び初期設定が終了すると、次はいよいよ実際のレポートの分析となります。しかし、解析結果を自分の望み通り細かく確認するためには、多少の操作が必要となる場合があります。

例えば、Google Analyticsの標準レポートで表示されているデータの解析期間は、前日から遡って1か月間となっており、その1か月間の集計がデータとして表示されていますが、ある1日分だけの解析結果がかくにんしたい場合や、1週間分の解析結果が確認したい場合があるかもしれません。その場合、計測期間の設定ができないと、思い通りの解析結果が得られないということになってしまいます。ですから色々な操作方法や設定方法を知ることは、Google Analyticsの使い方を知るうえで必須事項となります。

ここでは、Google Analyticsの基本的な操作方法や設定方法について、具体的なやり方を図解入りでまとめていますので、よく理解してGoogle Analyticsの使い方をマスターしてください。

Google Analyticsの基本操作と設定

基本操作

  1. アクセス解析期間の設定・変更
  2. 必要なくなったプロパティやビューを削除する方法
  3. プロパティを追加する方法

基本の設定法

  1. デフォルトのページ設定
  2. 自分のアクセスを除外する設定
  3. サーチコンソールとの連動・連携
  4. 日本の検索エンジンの追加
  5. コンバージョン(目標)の設定

スポンサーリンク

ページの先頭へ