スポンサーリンク

Google Analyticsの集客レポートとは

集客レポートとは、Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)を設置・実装して計測しているサイトの訪問者が、「どこからやって来たのか」ということを知ることができるレポートです。以前はトラフィックという名前のレポートでした。

「どこから」というのは、例えばGoogleなどの検索エンジンからやって来たのか、またはブックマークなどからやって来たのか、あるいはTwitterなどのSNSからやって来たのかなど、訪問者がどこを介してあなたのサイトに訪れたのかということを知ることが出来るというわけです。

ユーザーレポートの各種メニューについて

  • サマリー
    集客レポートで知ることができる、流入元(あなたのサイトにどこから来たのか)などの概要が表示されています。
  • すべてのトラフィック
    すべての流入元(あなたのサイトにどこから来たのか)を確認できます。例えばどんなキーワードで検索してあなたのサイトを訪れたのか、またはあなたのサイトに対してリンクが張ってあるサイトを経由してあなたのサイトを訪れたのか、などということが確認できるということです。
  • AdWords
    AdWordsとGoogle Analytics(ユニバーサルアナリティクス)のアカウントをリンクさせることで、広告のクリックや表示回数、さらにはサイトでの設定したコンバージョンに至るまで、ユーザーの操作全体に関するデータを確認できます。。
  • 検索エンジン最適化
    Googleの外部ツールであるSearch Console(ウェブマスターツール)と連携することで、サイトのSEO対策に有効なデータを得ることができます。ウェブマスターツールとの連携の方法は別ページで説明します。
  • ソーシャル
    SNS(ソーシャルネットワークサービス)からの訪問やfacebookの「いいね!」ボタンなどのアクションを計測できます。目標の設定が必要です。
  • キャンペーン
    設定が必要ですが、簡単な設定を行うことでさらに細かく流入元を特定できます。例えばメルマガなどからの流入などです。メルマガやSNSなどを利用してキャンペーンを行った際などの効果も計測できます。

標準レポートの各メニューの見方について

ここでは以下の5つのメニューが表す内容を詳しく解説しています。メニューごとにリンク先でサブメニューの内容につて解説していますので、知りたいメニューをクリックして先にお進みください。

  1. リアルタイム
  2. リアルタイムレポートとは、Google Analyticsの標準レポートメニューの1つで、アクセス解析を行っているサイトを今訪れている訪問者のリアルタイムな状況が…

  3. ユーザー
  4. Google Analytics(アナリティクス)のユーザーレポートは、「どんな訪問者(ユーザー)」があなたのサイトを訪問しているのかということを知ることができます…

  5. 集客
  6. トラフィックレポートとは、Google Analyticsを設置して計測しているサイトの訪問者が、例えばgoogleなどの検索エンジンからやって来たのか、またはブックマ…

  7. 行動
  8. Google Analytics(アナリティクス)のコンテンツレポートでは、サイト内での訪問者の動きを知ることができます。例えば、訪問者に人気のあるページや最初に読…

  9. コンバージョン
  10. サイトを運営している以上、それぞれのサイトで目的があるはずです。その目的の達成率を調べることができるのがコンバージョンレポートです。Google Analytics…

スポンサーリンク

ページの先頭へ