スポンサーリンク

Google Analyticsのコンバージョンレポートとは

サイトを運営している以上、それぞれのサイトで目的があるはずです。その目的の達成率を調べることができるのがコンバージョンレポートです。Google Analytics(アナリティクス)のコンバージョンレポートでは、例えば商品購入やメルマガ登録などのサイト上での目標を設定し、目標の達成状況を知ることができるメニューです。どの項目も設定が必要になります。

コンバージョンレポートの各種メニューについて

  • 目標
    商品購入やメルマガ登録などの設定した目標(最大20個)ごとにその達成率を計測できます。
  • e コマース
    ECサイトで商品購入が起こった際に、売上げや金額、請求先の住所などのデータを収集できます。
  • マルチチャンネル
    コンバージョン(目標達成)した訪問者が、初回訪問からコンバージョンした訪問までの期間や経路、参照元などのデータを得ることができます。
  • アトリビューション
    目標達成における各チャネル(流入経路)が、どのぐらいその目標達成に貢献しているのかということを調べることが出来ます。

標準レポートの各メニューの見方について

ここでは以下の5つのメニューが表す内容を詳しく解説しています。メニューごとにリンク先でサブメニューの内容につて解説していますので、知りたいメニューをクリックして先にお進みください。

  1. リアルタイム
  2. リアルタイムレポートとは、Google Analyticsの標準レポートメニューの1つで、アクセス解析を行っているサイトを今訪れている訪問者のリアルタイムな状況が…

  3. ユーザー
  4. Google Analytics(アナリティクス)のユーザーレポートは、「どんな訪問者(ユーザー)」があなたのサイトを訪問しているのかということを知ることができます…

  5. 集客
  6. トラフィックレポートとは、Google Analyticsを設置して計測しているサイトの訪問者が、例えばgoogleなどの検索エンジンからやって来たのか、またはブックマ…

  7. 行動
  8. Google Analytics(アナリティクス)のコンテンツレポートでは、サイト内での訪問者の動きを知ることができます。例えば、訪問者に人気のあるページや最初に読…

  9. コンバージョン
  10. サイトを運営している以上、それぞれのサイトで目的があるはずです。その目的の達成率を調べることができるのがコンバージョンレポートです。Google Analytics…

スポンサーリンク

ページの先頭へ