スポンサーリンク

Google Analyticsで外部リンクやダウンロードのクリック数を計測する!イベントトラッキングの具体的な設定方法・やり方

Google Analyticsを利用してアクセス解析を行うと、左サイドバーの「行動」の項目の「ページ解析」を見れば、内部リンクのクリック率がわかるようになっていますね。あれって直感的にわかるので、訪問者の行動がよくわかってとても便利です。

ただ、少し残念なのが、外部リンクのクリック数やPDF等のダウンロード数が確認できない点なんです。アフィリエイトなんかで商品紹介のページがあれば、そのリンクがどれだけクリックされたか知りたいだろうし、ダウンロードファイルがあればDLされた数が知りたいところですよね。

外部リンクのクリック数は、短縮URLツールなんかで計測することもできますが、Google Analyticsでもクリック数の計測は可能なので、ここではそのやり方を説明します。単純な計測であれば特に難しい設定はありませんので、是非設定して下さい。

イベントトラッキングで計測できる例

あくまで例ですが、以下のような内容の計測が出来ます。

  • 外部リンクがクリックされた場合
  • 内部リンクがクリックされた場合
  • ファイルがダウンロードされた場合
  • 動画が再生された場合
  • SNSのボタンがクリックされた場合

外部リンクやダウンロード数の計測の設定方法

例えば、<a href="http://abc.com">ココをクリック</a>という外部リンクのクリック数を測定したいとします。

その場合、<a href="http://abc.com" onclick="ga('send','event','カテゴリ','アクション','ラベル','値');">ココをクリック</a>と赤文字の部分を追加して下さい。これでクリック数を計測することが可能になります。

記入法としては、カテゴリ、アクション、ラベル、値のところを考えて変更してください。以下の説明はあくまで例です。

  • カテゴリ
  • 発生したイベントの種類などを記入すればよいと思います。例えば外部リンクや内部リンク、またはダウンロードなどです。

  • アクション
  • 訪問者が起こした行動などを記入すればよいと思います。例えばクリックなどです。

  • ラベル
  • さらに細かくラベル分けしたいときに記入します。例えば、同じ外部リンクを複数のページに張っている場合、リンクを張っている自サイトのページのURLなどを記入すれば、同じ外部リンクでもどのページのリンクがクリックされたかわかります。任意なので、空欄でも大丈夫です。

  • 計測する行動に数値で価値を付けるようなイメージです。任意なので、空欄でも大丈夫です。

計測結果を見たい場合は、左サイドバーの「集客」項目の中の「イベント」で確認することができます。

その他いろいろと書きたいこともあるのですが、一応これで計測できますので、後日追記したいと思います。

高度な使い方トップに戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ